コンテンツ

保育の方針

園児写真

幼児の保育は、人の人生を左右すると言われています。それは人間として一番大切な人格の基礎が幼児期の育ち方で決まるからです。
幼児にとって必要なのは、豊かな愛情の世界です。幼児は遊びの連続の中で、心と身体を養い、人間どうしのかかわりあいを学び、基礎的な人格の形成を身につけます。円満な人格の形成には、健康的な遊び場が必要なのです。
ながと幼稚園は、広々とした自然環境と、行き届いた教育雰囲気の中で正しい愛情の世界をつくることに、心をくだいて取り組んでいます。