コンテンツ

本園の保育者の姿勢

園児写真

教える姿勢より、園児の心の育ちを重点に、「思いやりのある、生き生きとした子供」の育成に努めることを、保育者の姿勢にしています。
幼児の生活の中心は遊びです。遊びを通して、総合的な保育を行うよう努めます。
スキンシップをもとに、子供との信頼関係を十分に築き、幼児の心に触れ、興味や関心の芽生えを発見し、それを育てるよう努めます。
自然や身近な環境との触れ合う経験を十分に生かすように努めます。そのために積極的に自然を取り入れた環境作りと保育を思考しています。